新・人と歴史 拡大版 02

「三国志」の世界 孔明と仲達〔新訂版〕

「三国志」の世界 孔明と仲達〔新訂版〕

著者・編者
狩野 直禎
判型
四六判
ページ数
256ページ
定価(税込)
1,944円
ISBNコード

978-4-389-44102-9

発売日 2017/03/10
  • 「三国志」の世界 孔明と仲達〔新訂版〕

内容紹介

『三国志演義』という虚構のプリズムを通してしか、われわれの前に像を結ばなかった諸葛孔明と司馬仲達。彼らの生きた三国の時代とははたして何か?
漢王朝の崩壊が三国時代の始まりであったが、それは単に一つの王朝が倒れただけではなく、古代統一国家が崩壊したのである。統一から分裂へ、これがこの時代を流れるキーワードであった。
本書は、孔明と仲達を軸に分裂の時代「三国志」の世界を明らかにするものである。

目次(内容と構成)

序文
序章
Ⅰ 臥竜
Ⅱ 荊州より益州へ
Ⅲ 孔明、丞相となる
Ⅳ 大業ならず
Ⅴ 孔明の死と仲達の栄達
年譜
参考文献
さくいん



このページの先頭へ戻る