人と作品

二葉亭四迷

二葉亭四迷

著者・編者
福田 清人 編
小倉 脩三 著
判型
新書
ページ数
191ページ
定価(税込)
1,296円
ISBNコード

978-4-389-40126-9

発売日 2018/04/11
  • 二葉亭四迷

内容紹介

二葉亭が自らに「くたばってしまえ」と言い放ったことからペンネームを決めたことで有名な二葉亭四迷。自分が文学者であることを嫌悪し幾度か文学を放棄した。そんな小説家らしからぬ逸話を持つ彼の生涯を解明する。

目次(内容と構成)

第一編 二葉亭四迷の生涯
 文学への眼覚め
 野心と絶望
 青春彷徨
 生活の嵐の中で
 父の死
 ロシア行
 朝日新聞入社
 白夜の露都ぐらし
第二編 作品と解説
 浮雲
 其面影
 平凡
 翻訳および文学論
 むすび
 年譜
 参考文献
 さくいん



このページの先頭へ戻る