人と作品

高浜虚子

高浜虚子

著者・編者
福田 清人 編
前田 登美 著
判型
新書
ページ数
192ページ
定価(税込)
1,296円
ISBNコード

978-4-389-40122-1

発売日 2018/04/11
  • 高浜虚子

内容紹介

高浜虚子は近代俳句の巨匠である。正岡子規に兄事した彼は七十年の長きにわたる俳句生活を続けた。優れた写生文家として、写生文を日本文章の粋にまで昇華せしめ、近代文学史上に大きな功績をもたらした彼の生涯を振り返る。

目次(内容と構成)

第一編 高浜虚子の生涯
 子規文学を継いで
 自然に育まれた幼年の日
 貧しさに負けず
 俳人として立つ
 文学への執念
 円熟期をむかえる
 春風駘蕩としていた晩年
第二編 作品と解説
 花鳥諷詠の道
 写生文の道
  浅草寺のくさぐさ
  風流懺法
  斑鳩物語
  俳諧師
  続俳諧師
  道
  柿二つ
  連作『虹』

 年譜
 参考文献
 さくいん



このページの先頭へ戻る