新・人と歴史 拡大版 26

ルイ14世 フランス絶対王政の虚実

ルイ14世 フランス絶対王政の虚実

著者・編者
千葉 治男
判型
四六判
ページ数
216ページ
定価(税込)
1,944円
ISBNコード

978-4-389-44126-5

発売日 2018/06/11
  • ルイ14世 フランス絶対王政の虚実

内容紹介

ルイ一四世は、太陽王の名で知られる代表的な絶対君主といわれる。
そしてこの時代は、フランスがヨーロッパの中心として栄えた「ルイ一四世の大世紀」といわれるが、この一七世紀は「悲惨と危機の世紀」ともいわれている。
繁栄と悲惨、安定と危機、相反する評価がなぜおこなわれているのか。
本書は漠然とした幻想を拒否し、時代の虚像と実像を描き出すことによって歴史の真実を提供するものである。

目次(内容と構成)

はじめに
序 この時代をどうとらえるか
Ⅰ 動乱と危機の時代―少年王ルイ一四世
  リシュリューと三十年戦争
  マザランとフロンドの乱
Ⅱ 太陽王の親政―「朕は国家なり」
  親政のしくみ
  コルベールとその政策
Ⅲ ヴェルサイユ宮殿の栄華―宮廷と古典主義
  ルイ一四世とヴェルサイユ
  古典主義の文学と芸術
  ナント王令の廃止
Ⅳ 落日のルイ一四世―王と戦争と民衆
  フランスとヨーロッパ
  ルイ一四世の戦争
  王国と民衆
  むすび―ルイ一四世の死
年譜
参考文献
さくいん



このページの先頭へ戻る