ニュースがわかる基礎用語 2019-2020年版

ニュースがわかる基礎用語 2019-2020年版

著者・編者
清水書院編集部
判型
A5
ページ数
456ページ
定価(税込)
1,760円
ISBNコード

978-4-389-50109-9

発売日 2019/08/27
  • ニュースがわかる基礎用語 2019-2020年版

内容紹介

■ 日々のニュースで見聞きする基礎用語や時事用語を,きちんと理解できるように
  丁寧に解説を施した用語集。
  就職試験対策や,ビジネスパーソンの基礎知識習得に必携の一冊。
■ 用語には,N検(ニュース時事能力検定<ニュース検定>)3級以上の問題に
  出題された用語が一目で分かるマークがついているので,
  N検受験にむけて基礎学力をつけるために,また,時事能力を高めるための
  目安にできる。
■ 本書の構成
   政治編:「民主政治」「憲法」に関する基礎的な用語と「日本の政治機構」についての用語
   経済編:「市場経済」「経済史」に関する基礎的な用語と「日本の経済動向」についての用語
   社会と暮らし編:「社会生活」のなかで使われている用語と「労働と雇用」「社会保障」などの
   基本用語
   国際編:「国際政治」と「国際経済」についての用語

目次(内容と構成)

政治編
1章 民主政治の基本
1 民主政治の発達
 人間と政治
 国家と政治
 民主政治のあゆみ
 社会契約説
 人権の保障
 権力の分立
 法の支配
 民主主義の原理

2 世界の政治体制
 主な政治体制
 イギリスの政治制度
 アメリカの政治制度
 旧ソ連・ロシアの政治制度
 中国の政治制度 フランスの政治制度
 ドイツの政治制度

2章 大日本帝国憲法から日本国憲法へ
1 大日本帝国憲法の制定
 大日本帝国憲法の基本的性格
 戦争への道
2 日本国憲法の成立
 日本国憲法の基本的性格
 天皇制の変化

3章 基本的人権
 基本的人権とは
 精神の自由
 人身の自由
 経済的自由
 法の下の平等
 社会権
 人権確保のための人権
 人権の新しい展開
 人権の制限と国民の義務

4章 平和主義と安全保障
 平和主義と平和憲法のゆくえ

5章 日本の政治機構
1 国会のしくみと役割
 国会と議会政治
 国会のしくみと役割
2 内閣のしくみと役割
 内閣と行政権
 内閣の役割
3 裁判所のしくみと役割
 司法権の独立
 裁判のしくみ
 統治行為論
 違憲法令審査権
 さまざまな訴訟
4 地方自治のしくみと役割
 地方自治とは
 直接請求権
 地方公共団体の組織と権限
 地方自治の現状

6章 現代日本の政治
1 政党政治
 政党とは
 55年体制以降の日本の主な政党
 圧力団体
2 選挙
 選挙制度
 選挙をめぐる問題点
3 行政機能の拡大と世論
 行政機能の拡大
 世論とマスコミの役割

経済編
1章 経済社会と経済体制
1 資本主義経済
 経済社会の特色
 資本主義経済の発展
 経済学説のあゆみ
2 国民経済と経済主体
 国民経済とは
 経済主体1一家計
 経済主体2一企業
 経済主体3-政府
3 社会主義経済
 社会主義経済の特徴
 社会主義経済の現状
4 現代の経済社会
 経済社会の変容
 現代経済の基本的性格

2章 現代経済のしくみ
1 市場
 市場機構と価格の役割
 市場の変化と独占禁止政策
 企業の巨大化と市場

2 貨幣と金融
 貨幣の役割
 資金の循環と金融のしくみ
 現代の金融政策
 私たちの生活と金融
3 財政と租税
 財政のしくみ
 租税の役割
 公偵と国民生活
 政府の財政政策
4 国民経済と景気
 国民所得と国内総生産
 経済成長
 景気変動
3章 現代の日本経済
1 日本経済のあゆみ
 日本経済の発展
 近年の日本経済
 産業構造の変化
2 都市問題
3 中小企業問題
4 物価問題
5 食料と農業問題

社会と暮らし編
1章 現代社会の特質と人間
1 大衆社会における人間像
2 家族の変化
3 高齢社会と少子化
4 情報化社会
5 国際化と異文化理解

2章 日本の風土と日本人の考え方
1 日本人の自然観と心情
2 日本の年中行事と通過儀礼
3 古代日本人の信仰

3章 生命尊重と生命倫理
1 生命倫理

4章 環境と人間生活
1 地球環境
2 人口問題
3 資源·エネルギー問題
4 循環型社会とリサイクル

5章 国民福祉の向上
1 公害の防止と環境保全
 公害の防止
 環境保全·環境対策
2 消費者問題と消費者の権利
3 労働問題と労働者の権利
 労働運動·労働組合
 労働基本権と労使関係
 労働市場の変化と雇用問題
4 社会保障と社会福祉
 世界の社会保障 日本の社会保障と福祉

国際編
1章 国際政治と日本
1 国際社会の動向
 国際社会の成立と発展
 国際政治の特質
 二つの世界の対立
 平和共存
 多極化の動き
 新冷戦
 第三世界の台頭
 冷戦終結とポスト冷戦
2 国際法の意義と役割
 国際法の成立
 国際法の種類
 国際法の発展
 国際裁判
3 国際連盟と国際連合
 国際連合の成立
 国際連盟の機構と活動
 国際連合の成立
 国際連合の機構-主要機関
 国際連合の機構一専門機関
 国連の集団安全保障
 国連の平和維持活動
 国際協力
4 国際平和への課題
 国際平和と人類の福祉
 核兵器と軍縮問題
 人種·民族問題

2章 国際経済と日本
1 貿易と国際収支
 貿易のしくみ
 国際収支と為替相場のしくみ
2 戦後の国際経済体制
3 地域的経済統合
4 南北問題と国際協力
5 国際経済における日本の役割

さくいん



このページの先頭へ戻る