歴史総合パートナーズ⑨

Doing History:歴史で私たちは何ができるか?

Doing History:歴史で私たちは何ができるか?

著者・編者
渡部 竜也
判型
A5
ページ数
112ページ
定価(税込)
1,100円
ISBNコード

978-4-389-50110-5

発売日 2019/10/04
  • Doing History:歴史で私たちは何ができるか?

内容紹介

■高校の歴史の授業ほど好き嫌いが分かれる教科・科目は他にないかもしれません。前の方で興奮気味に話す教師に食いつく生徒もいるかと思えば、うつらうつら寝ている生徒もいます。あなたはそのどちらでしょう?寝ている子は「少なくとも学校の歴史なんて人生で何の意味もないよ」なんて言ってませんか?さて、あなたはこれにどう答えますか?

■歴史をいかに教えるべきか? なぜ私たちは歴史的思考を学ばなければならないのか?歴史で私たちは何ができるか?

目次(内容と構成)

はじめに
(1)「歴史離れ」が起こっている?
(2)どうして多くの人たちが高校教師の教える歴史に興味がないのか?
1. 歴史をいかに教えるべきか?
(1)三つの伝統
(2)高校歴史教師の一風変わった行動はなぜ生じるのか?―実証主義的歴史研究のもたらしてきたもの
2. なぜ私たちは歴史的思考を学ばなければならないのか?―構成主義の可能性と課題
(1)史料の厳密な読解と出典の確認
(2)証拠や論拠のある歴史的推論
(3)歴史的文脈への配慮
(4)年代順の思考と物語
3. 歴史で私たちは何ができるか?―実用主義の可能性と課題
(1)来歴を知る:趣味・問題分析・判断根拠・アイデンティティの形成
(2)教訓を得る:言い負かすため? 対話のため?
(3)人に歴史を伝える:みせびらかし・みせかけ・社会的責任
(4)「たら・れば」を考える
(5)歴史を乗り越える:歴史和解に何が必要か
おわりに―Doing Historyとは何か



このページの先頭へ戻る