マンガと図解で知る①

仏陀―その人と思想

仏陀―その人と思想

著者・編者
佐良土 茂・井上 秀一+清水書院編集部
判型
四六判
ページ数
216ページ
定価(税込)
1,404円
ISBNコード

978-4-389-50068-9

発売日 2017/11/09
  • 仏陀―その人と思想

目次(内容と構成)

はじめに
第一編 仏陀の生涯
 一 仏陀(ブッダ)はいつ生まれたか
 二 誕生
 三 王としての教育
 四 結婚
 五 「四門出遊」と出家の伝説
 六 修行のはじまり
 七 二人の修行者に師事する
 八 激しい苦行
 九 苦行にはどのような意味があるのか
 十 苦行を捨てる
 十一 悟りを開く
 十二 真理を人びとに説くべきかを躊躇する
 十三 サルナートに向かう
 十四 初転法輪―初めて法を説く
 十五 サンガ(僧の集まり)の形成
 十六 ヤサの出家
 十七 火の行者・カッサパが弟子となる
 十八 ビンビサーラ王の帰依
 十九 サーリプッタとモッガラーナの出家
 二十 コーサラ国王・パセーナディの帰依
 二一 祇園精舎を授かる
 二二 父王と親族の出家
 二三 虐殺されたシャカ族
 二四 仏陀の最後の旅と説法(自灯明、法灯明)
 二五 毒キノコ料理
 二六 仏陀の死(入滅)、火葬、分骨

第二編 仏陀の思想
 一 悪魔の誘惑
 二 無記(形而上学的問題の廃棄)
 三 中道
 四 対機説法―人を見て法を説く
 五 現実主義
 六 仏教の実践的性格
 七 四諦八正道
 八 縁起説
 九 諸行無常
 十 諸法無我
 十一 自己(アートマン)についての考察
 十二 ジャイナ教

おわりに
参考文献



このページの先頭へ戻る